月の土地の購入

大切な男性へのプレゼントなら月の土地

 

大切な男性へのプレゼントは『月の土地』

ユニークなプレゼントとして、アメリカで人気爆発

 

月の土地を販売するなんて、一体誰が考えたのでしょう?

 

アメリカルナエンバシー社で働いていたCEOで、デニス・ホープという人なんですね。
「月は誰のものか?」ということを法的角度から念入りに調べ、世界で宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約にしか書かれてないことを突き止めました。

 

その宇宙条約では、国家が月を所有することは禁止しているけれども、個人が所有してはならないということには言及されていなかったんですね。

 

その法律の盲点をついて、彼は1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行いました。
それが見事に受理されたのです。

 

月の土地購入

 

それからしばらくして、正式に「月の土地」を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」の開始となったわけです。

 

アメリカ人ならではの、アグレッシブ、且つ積極的な考え方と、法律の抜け道を使って正式なビジネスへと立派に展開したわけです。

 

愛する人への感動的なプレゼントだったら、月の土地が断線お勧めです。
恋人のお誕生日ギフト、クリスマスプレゼント、そして、バレンタインデーへの贈り物などなど。

 

愛する人へ自分の心を伝えるためにも贈り物はとっても大切です。

 

月の土地は愛の大きさを証明するのにとっても効き目があり、日本でも話題となっています。

 

月の土地購入

月の土地口コミ

口コミ1) バレンタインデーギフトには、この「月の土地」は最適だと思います。
ロマンティックな二人だけの夜がこのプレゼントのお陰で忘れられないものとなりました。
土地の権利書は、連名にもすることができるので、恋人同士なら連名もお勧めします。
二人で所有する月の土地だなんて、胸がわくわくしますね。

 

 

口コミ2) 地球上にも土地なんてまだ持っていないのに、
いきなり月の土地の所有者になりました。
とっても感慨が深く、もらった時にはとっても嬉しかったです。
予想もしないプレゼントにひたすら彼女の肝っ玉ぶりが伺えました。
そんな大胆な彼女がいて、よかったなと思ってます。

 

 

口コミ3) 男性へのロマンティックなプレゼントを演出したい場合は、「月の土地」がいいと思います。

得にいろいろなプレゼントをもらっている人や、モテモテの彼へのプレゼントには、月の土地はとっても効果的です。
私は、大好きな彼がプレゼント慣れしているのがわかっていたので、もらったことのないようなものを上げたいなと思って
月の土地を選びました。
彼はとってもびっくりして、すごく喜んでくれました!お返しに、隣の土地を私にも購入してくれたんです。
自分でしたことがこんなに素敵なことだったとは、もらってからわかりました。

 

 

口コミ4) 今まで男性へあげたプレゼントの中で『月の土地』が一番気に入ってます。
男性からは、とにかく驚かれますが、その分感動もひとしおです。
男のロマンといいますが、実は女性の方が考えることは大きいですよ。

 

愛するのは家族にも月の土地をギフトに

父の日や母の日に月の土地をプレゼント!

 

 

 

お父さんやお母さんの世代では、全く考えられない月の土地購入と言うテーマに、送られた人たちは、ほぼ100%が泣いて喜ぶと言われています。

 

子どもからのプレゼントは、どんなものでも感動しますが、それが月の土地となると喜びはひとしおです。

 

無償の愛をささげてくれたお父さんとお母さんへ、月の土地でたっぷりと感謝をこめた贈り物ができると思います。

 

月の土地購入